一生使える株式投資術の実践的考察

誰でも上達できるうねり取り手法とショットガン投資法の検証・レビュー及び投資理論と実践方法の解説

相場ゼミ

相場師朗氏の株式トレードセミナー「相場ゼミ 第2期」開催のお知らせ

投稿日:2016年5月11日 更新日:

Vector flat illustration of a businessman with hand wheel-barrow full of money. Rich man depositing his fortune to bank. Investments for future. Loading money into protected safe.

相場師朗氏の「うねり取り手法」のセミナーが近日開催されます

私のブログでは何度もご紹介している相場師朗氏ですが、近日中に「相場ゼミ 第2期」が開催されます。

現時点では詳しい日程は分かりませんが、無料動画が本日公開となりましたことをお知らせします。

相場師朗氏は、これまでに数多くのセミナーやラジオNIKKEIの番組を通じて「うねり取り手法」を教えてこれらましたので、ご存知の方も多いと思います。

同氏は大学生の時に手元資金60万円で株のトレードを始めて、日本郵船株を20年間延々とトレードして、この1銘柄のみで20億円に増やしたプロの株式トレーダーです。

相場師朗氏が教える「うねり取り手法」とは?

株価の動きには周期と言うものがあり、昔から「三月(みつき)またがり六十日」と言われるように、株には約3ヶ月周期で上げ下げを繰り返す習性があります。

「うねり取り手法」は、この上げ下げの一連の動きを買いと空売りで利益を上げて行く裁量トレードの手法です。

「うねり取り手法」は基本的に1銘柄しかトレードしませんので、同じ銘柄を延々とトレードして行くうちに、その銘柄特有のうねりの形が見分けられるようになるというわけです。

この手法は江戸時代から受け継がれてきたトレード手法であり、大相場師達が使って莫大な利益を上げてきたトレード手法です。

そのため、多くの人たちが「うねり取り手法」を学ぼうと試みましたが、自己流ではなかなか上手く行かず、そして変動感覚を体得するための努力ができなかった者は脱落して行きました。

しかし、相場師朗氏が表舞台に登場して、「うねり取り手法」を現代版にアレンジした方法で教え始めたことで、今や「うねり取り手法」は正しい方法で練習さえすれば誰にでも上達可能なトレード手法となりました。

詳細は無料動画でお確かめ下さい

現在、期間限定で無料動画が配信されていますので、本物の相場師の「技(ワザ)」とはどういうものなのかをお確かめ下さい。

※無料動画は削除されました。

この無料動画では相場師朗氏がご自身のトレードを実演して見せてくれますので、それを見ることでこれまで株式トレードに対して持っていた先入観が簡単に吹き飛んでしまうことでしょう。

近日中に当ブログでは、「相場ゼミ 第2期」の詳細なレビュー記事を公開する予定です。その際、他の相場師朗氏の教材同様に「当ブログオリジナル特典付き」でご紹介いたしますので、どうぞご期待下さい。

注)クリック先のサイトでは、「1日たったの5分の作業だけで・・・」とありますが、確かにトレードに費やす時間はそれだけです。しかし、そうなるためには毎日の練習(トレーニング)が必要です。くれぐれも「努力することなく簡単に稼げる手法」などとは思わないで下さい。

-相場ゼミ
-, , , , , , ,

Copyright© 一生使える株式投資術の実践的考察 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.