株は技術だ!

今の日経平均株価の動きは読みにくい、ならば作戦が立てやすい銘柄をトレードすればよい

今の日経平均株価が先が読みにくい動きとなっています。しかし、個別銘柄を見てみると、今後のトレード計画が立てやすい銘柄がたくさんあります。今回の記事では、トレードの作戦が練りやすい銘柄と作戦の立て方をご紹介します!
株は技術だ!

株トレードの勝率を上げる秘訣はストライクゾーンにある株価チャートを狙うことだ!

株トレードで利益を上げるためには、ストライクゾーンにあるチャートを狙う必要があります。ボール球の状態にあるチャートでトレードしても、利益になる可能性は低いです。今回の記事では、ストライクゾーンにある株価チャートをご紹介します。
海外コラム

バフェット氏が5大商社株を買った「理由」は何か?

日本時間の31日、著名投資家ウォーレン・バフェット氏は、日本の総合商社株を5%をわずかに上回る比率まで取得したと発表しました。この発表を受けて、5大商社株は爆上げとなりました。さて、なぜバフェット氏は総合商社株を買ったのでしょうか?今回の記事では、その理由を考えてみます。
株は技術だ!

相場師朗先生の提案:多くの銘柄をやるのではなく少ない銘柄を毎日観察してトレードしてみる

相場先生は、学生時代から日本郵船だけを追いかけてトレードして、その次はヤマハ発動機、その次は住友金属鉱山を手掛けたそうです。毎日同じ銘柄の動きを追っていると、「今までと下げ方が違うな」というように、わずかな変化を感じ取ることができるとのことです。
書籍

8月12日に相場師朗先生の新刊、「株で月10万円稼ぐ! 相場式 暴落&暴騰で儲ける株のトリセツ」が発売されます!

コロナショックでは多くの株塾塾生が莫大な利益を出しました!この新刊では、そのトレードの極意を余すところなく紹介しています!
株は技術だ!

60日線を使ったストライクゾーンだけを狙う株式トレード方法

株トレードで、もっともシンプルに利益を上げられる場面は移動平均線の順番が揃っているところです。今回の記事では、5日線、20日線、そして60日線を使ったシンプルなトレードルールをご紹介します。
株は技術だ!

株式トレードの基本中の基本って何?つい忘れがちになる勝利の法則

株トレードでの失敗を激減させる「基本中の基本」は、①5日線が20日線の上は強いエリアなので買いを狙う、②5日線が20日線の下は弱いエリアなので売りを狙う、③エントリーは半分の法則か逆半分の法則で入る、そして、④難しいところであえてトレードしない、です。今回の記事では、これらのポイントについて詳しく説明します。
国内ニュース

コロナショック後にネット証券口座の新規開設が急増しているワケ

先日、知人から「コロナで証券口座数が増えており、以前より投資を始める方の数が増えています」と聞きました。早速、ネットで調べた見たら、なんと、ネット最大手のSBI証券の口座数が、業界最大手の野村証券の口座数を越えたそうです。今回の記事では、その理由について書いてみました。
株は技術だ!

移動平均線同士の距離を見てやりやすいトレードポイントを探る

5月25日放送の「相場師朗の株は技術だ!」は、移動平均線同士の距離を見て、トレードポイントを判断する内容でした。相場先生によりますと、現在の日経平均の株価チャートは、5日線、20日線、60日線、そして100日線同士の距離が近いため、予測しづらい場面であるということです。
株は技術だ!

相場師朗先生がトレード人生で一番稼いだのはどこの局面か?

相場先生が人生で最も稼いだのは、NYダウのセリングクライマックスのところで、ここを逆張りで買い下がったとのことです。今回の記事では、相場先生がどのようにして建玉をして莫大な利益を上げたのかを説明しています。
タイトルとURLをコピーしました