⇒ 相場先生主宰の株塾入会はこちらから!

一生使えるトレード技術!相場式では大底はこうやってトレードする!

大底でのトレード方法

9月28日放送の「相場師朗の株は技術だ!」を視聴しました。

今回のメインとなる内容は、ドル/フランの大底のトレードでした。この場面では相場先生が実際に多くの資金を投入して、かなり儲かったとのことです。

為替のトレードではありますが、この場面は株でも指数でもよく表れる場面ですので、覚えておくと大変便利です。

ドル/フランのトレード

以下のチャートは相場先生がトレードされた期間です。

1回で仕留めるのではなく、2回、3回で勝ちに持って行くトレードスタイルです。ショートトレードですので、途中、ヘッジを入れたりもします。

ドル/フランとまったく同じではありませんが、似たような場面を日本株でも見つけることができます。こちらもドル/フランと同じ要領でトレードできます。

日本精工

伊藤忠

積水ハウス

天井圏ではこの逆になる

今回ご紹介したドル/フランの大底の形ですが、これをひっくり返すと天井圏での形になります。

天井圏では荒い値動きになりますので、底値圏とまったく同じ形になるとは限りませんが、戦い方は同じです。

積水ハウス

ヤマハ発動機

天底を究めた後は中間のトレードを究める

天井圏と底値圏をトレードできるようになったら、あとは天底の中間でのトレードです。これがすべてできるようになったら、どの場面でもトレードできるようになります。

下落トレンドの場合も基本は同じです。逆半分の法則が出現して、赤がコケたところでカラ売りを入れます。

「天井圏」、「底値圏」、そして「中間でのトレード」の具体的な攻略法(建玉方法)は、株塾で学べます。一生モノの株トレード技術を究めたいと思われる方には、株塾への入会をおすすめします。

相場師朗先生のトレード技術が学べる『株塾』とは
勝率の高いストライクゾーンだけを狙う相場流トレード手法!

トレードで失敗する一番の原因は、「選球眼」の悪さです。

選球眼が悪いとチャート選びに失敗してしまいます。

相場流トレード手法では、ストライクゾーンに入った銘柄だけを狙ってトレードします。

株塾に入会して、あなたも一生モノのトレード技術を身につけてください!

『スパルタで学ぶ 株トレード10の技』
本気で勝ちたい投資家のための特別プログラム

わずか3ヵ月で相場流・株式トレード術をマスター
値動きの“クセ”をつかみ、勝ち続けられる投資家に!

2022年10月から開講予定の「3ヵ月集中レッスン」では、40年以上におよぶ株式投資の経験を持つ相場師朗氏が、自身も実践する株式投資の“勝ち方”を、3ヵ月の集中講義で伝授します。

株は技術だ!
一生使える株式投資術の実践的考察
タイトルとURLをコピーしました