⇒ 相場師朗先生の3ヵ月集中セミナーはこちら!

ダウ平均が続伸!この株価上昇は本物か?あるいはフェイク上昇なのか?

Gerd AltmannによるPixabayからの画像

今の株価上昇は本物か?

前回の記事では、株式ストラテジストのエミン・ユルマズ氏の見解について書きました。

株価の暴落相場が本格的にスタートした!コロナショックの安値まで下がる可能性もアリ?
mohamed HassanによるPixabayからの画像暴落相場に突入した今回の記事では、エミン・ユルマズ氏によるファンダメンタルズ的相場観をご紹介します。エミン氏は長期的には日本株の爆上げを予測されていますが...

その後の株式相場は、ユルマズ氏の予測に反して上昇を続けています。

ユルマズ氏が予測するような暴落相場の兆しは、まだ見えてきません。

ファンダメンタルズ派の予測は外れたのでしょうか?

ユルマズ氏は暴落の予測を継続する

ユルマズ氏はウォールストリートジャーナル紙の記事を紹介して、自身の予測をバックアップしています。

直近のダウ平均の日足チャートを見ると、ザラ場では前の高値を越えましたが、引けでは前の高値の水準まで下げています。

今現在のチャートからは、何とも言えません。

どっちに動くかの判断は、今夜(8月12日)か来週まで持ち越しですね。

コロナ暴落の水準まで下げる?

ユルマズ氏は動画(前回記事で紹介の動画)の中で、「コロナ暴落の水準まで下げる可能性がある」と話していました。

あと著書でもバブル崩壊を予測しています。

私はファンダメンタルズを無視してトレードしてますので、ユルマズ氏の予測が外れても構わないのですが、コロナ暴落の安値まで暴落するのであれば、それはそれで楽しみです。

最後にこんなことを言うのもなんですが、他人の分析を信用してトレードしない方がいいですね。信用できるのはただ一つ、株価チャートだけです。

相場師朗先生は、「チャートにすべて表れる」といつも言っています。

確実に信用できるのは、アナリストやストラテジストの予測などではなく、株価チャートから得られる情報だけです。

『スパルタで学ぶ 株トレード10の技』
本気で勝ちたい投資家のための特別プログラム

わずか3ヵ月で相場流・株式トレード術をマスター
値動きの“クセ”をつかみ、勝ち続けられる投資家に!

2022年10月から開講予定の「3ヵ月集中レッスン」では、40年以上におよぶ株式投資の経験を持つ相場師朗氏が、自身も実践する株式投資の“勝ち方”を、3ヵ月の集中講義で伝授します。

相場師朗先生のトレード技術が学べる『株塾』とは
勝率の高いストライクゾーンだけを狙う相場流トレード手法!

トレードで失敗する一番の原因は、「選球眼」の悪さです。

選球眼が悪いとチャート選びに失敗してしまいます。

相場流トレード手法では、ストライクゾーンに入った銘柄だけを狙ってトレードします。

株塾に入会して、あなたも一生モノのトレード技術を身につけてください!

アメリカ株
一生使える株式投資術の実践的考察
タイトルとURLをコピーしました