相場師朗先生の新刊が2冊発売されます!株ドリルと空売り本

儲ける力が身につく! 相場師朗式 一生モノの株ドリル

相場師朗先生の新しい本が今月と来月に発売されます。

12月13日に発売されるのは「株のドリル」の本です。発売前なのにすでにベストセラーとなっています。かなりの予約数が入っていると思われます。


儲ける力が身につく! 相場師朗式 一生モノの株ドリル

この本には練習問題が50問収められています。

相場先生は常々、「一にも練習、二にも練習」と仰っています。この本を活用することで、トレード技術に磨きがかかることでしょう。

世界一安全な株のカラ売り

2冊目は2019年1月24日に発売される「世界一安全な株のカラ売り」です。


世界一安全な株のカラ売り

資産の6割以上を空売りで取った「空売りの名手」が書いた本格的な空売り実践書です。

空売りをやったことが無い方は、「空売りは怖い、難しい」と思われるかもしれませんが、正しいやり方を学べば問題ありません。

空売りで狙って取った時の満足感は格別です。この機会にぜひ、空売りをマスターされてはいかがでしょうか。

今後、大暴落相場はやってくるのか?

今後、いつのタイミングで大暴落相場がやってくるかは分かりませんが、可能性があるのはチャイナ経済のミンスキー・モーメントでしょうか。

我が国のメディアは報道しませんが、10月4日にハドソン研究所で行われたペンス副大統領の演説は、チャイナに対する強烈なメッセージでした。

これは貿易戦争に関係する単なるメッセージではありませんね。これはどう聞いても中国共産党に対する宣戦布告です。

ようやくアメリカも中国共産党の性質に気がついたようです。ピーター・ナヴァロ氏が著書の「米中もし戦わば」で訴えてきたことが、 実行に移されました。

チャイナ経済の現状については、松田学氏の『中国視察報告~大連から丹東、鴨緑江まで~』の動画が参考になります。特に26分以降からの説明をよく聞いてください。ペンス副大統領の演説のポイントを解説しています。

特番『中国視察報告~大連から丹東、鴨緑江まで~』解説:松田政策研究所代表 松田学

ペンス副大統領の演説と松田氏の中国視察報告を聞く限り、チャイナの経済成長はもはやこれまでのような感じがします。

この貿易戦争、チャイナ側に勝ち目はありません。となるとすれば、株式市場にも大きな変化が表れてくることでしょう。

近いうちに空売り技術を存分に使う時がやってくるかもしれませんね。

書籍
【相場師朗先生主宰の株塾入会案内】
国税庁が発表した統計年報によると、2017年に年収1億円以上を稼いだ人の数は2万3250人だそうす。なんと!このうち56.4%を占めるのが「株・為替などのトレーダー」です! 相場先生が考案した移動平均線を使ったシンプルなトレード手法を習得して、あなたも「一生モノのトレード技術」を身につけてください! 一生モノのトレード技術を究めてみたいと思われる方には「株塾」をおすすめします。あなたのトレード人生が劇的に好転するきっかけになることでしょう。詳しくは以下の記事をご参照ください。

相場師朗先生が主宰する「株塾」では何が学べるのか?

【メディアが報道しない真実を知りたい方はこちら】
いま世界で何が起こっているのか?フェイクニュースだらけのテレビや新聞では真実を知ることはできません。 マスメディアが報道しない真実を知りたい方には、藤井厳喜先生の「ワールド・フォーキャスト」をおすすめします。
一生使える株式投資術の実践的考察
タイトルとURLをコピーしました