相場師朗先生の新刊「1億円株塾」を購入しました

「シンプルなルールで勝てる」ということが再確認できる

読了後の率直な感想は、「すごいことが書いてある!」です。

この本で解説されていることを正しく理解して、毎日練習すれば誰でも上達します。それほど実践的な内容になっています。

また、マンガというスタイルを取っていますので、内容がスラスラと頭の中に入って行きます。

この本で紹介されている技は、実際に相場先生やリアル株塾の生徒さんが使って利益を上げ続けているものばかりです。

つまり、誰でも上達可能な再現性のあるトレード技術が紹介されているということです。

東京市場でお金を稼ぐための具体的な手法

「1億円株塾」では、何通りもの必勝法が分かりやすく説明されています。

毎日株価チャートを見て研究し、練習を続けている方にとっては、この本の内容は「必要な時に東京市場でお金を稼ぐための具体的な手法」と思うことでしょう。

実際、この通りに素直にトレードすれば、明日からでも利益を出すことができる「技」が紹介されています。

観察銘柄を10~20銘柄選んでおいて、毎日動きをチェックして、この本で紹介されている必勝パターンになった時にショットガン投資法でトレードすれば、少々アバウトなやり方でトレードしたとしても10回中7回は勝てると思います。

あとは残りの3回の失敗で「上手に負ける」ようにすれば、トータルでは利益に持って行けます。

ただし、このレベルにたどり着くためには毎日の練習が必要です。「1億円株塾」では、「リーディング」と呼ばれる練習方法も紹介されています。

前作「一生モノの株のトリセツ」とあわせて最低10回以上読むべき

「1億円株塾」では、前作「一生モノの株のトリセツ」発売以降に開発された技が紹介されており、また、既存の技の使い方がより具体的に紹介されています。

従いまして、この2冊を繰り返し読むことで相場先生のトレード手法の神髄が分かってくると思います。


35年連戦連勝 伝説の株職人が教える! マンガでわかる1億円株塾 相場師朗著

書籍
↓ 相場師朗先生のトレード技術が学べる『株塾』とは ↓
ストライクゾーンだけを狙う勝率8割の相場流トレード手法!

トレードで失敗する一番の原因は、「選球眼」の悪さです。

ボール球に手を出していては、上手く行くはずがありません。

相場流トレード手法を習得すると、ストライクゾーンに入った銘柄だけを狙えるようになります。

勝率7~8割を誇るやり方ですので、同じ銘柄を観察し続けることで、トータルで利益になります。

株塾に入会して、あなたも一生モノのトレード技術を身につけてください!

一生使える株式投資術の実践的考察
タイトルとURLをコピーしました