海外コラム

海外コラム

東京株式市場から撤退するヘッジファンド – 日本株で苦戦する欧米のプロ集団

彼らにとって日本株は利益を上げにくいらしい・・・ 7月25日付のブルームバーグ日本版のサイトで興味深い記事を見つけましたので、ご紹介したいと思います。 この記事によりますと、かつて日本株に投資していた米ファンド・オブ・ファン...
海外コラム

ヘッジファンドのほとんどは約5年で破綻!その短かすぎる運用期間の本当の原因とは?

トラックレコードが極端に短いヘッジファンド 私が英語を勉強していた時、よく読んでいた雑誌の一つにThe New Yorker(ニューヨーカー)があります。 今朝、洗練された文体で知られるこの文芸雑誌のウェブ版で、ヘッジファン...
海外コラム

2015年 トップ25人のヘッジファンドマネジャーが稼いだ額が凄すぎる!!

成功者はさらに富を増やし続ける 多くの人たちが豊かさを実感できていなといわれる現代社会において、ヘッジファンド業界のスーパースターたちは巨額の報酬を手にし続けています。 私がちょくちょく利用しているアメリカの金融情報サイトで...
海外コラム

アメリカンドリームはもはや手が届かない存在に – 成功の定義とは何か?

アメリカンドリームの定義とは? グローバルにビジネスを展開するアメリカの資産運用会社であるLegg Mason(レッグメイソン)が、同社の裕福な顧客に行ったアンケート結果が非常に興味深かったのでご紹介したいと思います。 なお...
海外コラム

「20人のスーパーリッチ」に富が集中する超格差社会アメリカ

金持ちはさらに豊かになり、中間所得者はさらに収入減に・・・ 昨夜、ダウ平均が大幅下落するなか、「空売りを持ってて良かった~」と安心していた時、私がよく利用しているMarket Watchというウェブサイトで興味深い記事を見つけまし...
海外コラム

「60%株 + 40%債券」という伝統的アセットアロケーションはもはや時代遅れなのか?

「60%株 + 40%債券」は米国では一般的なアセットアロケーション アメリカにおいては、一般的なアセットアロケーションは「60%株 + 40%債券」とされてきました。そして、ポートフォリオの見直しの際には「リバランス」をして、こ...
海外コラム

年利80%を叩き出した伝説のトレーダー集団「タートルズ」をご存知ですか?

優秀なトレーダーは育成可能なのか? これまでに何らかの金融商品のトレード経験がある方は、「タートルズ」という名前を聞いたことがおありの方は多いのではないかと思います。 タートルズとは、アメリカの商品先物トレーダーであるリチャ...
海外コラム

ミドルクラスのアメリカ人が考える老後の生活について

十分な蓄えが無いと厳しい老後生活が待っている 先日、私がたまたま見たNHKの番組について資産運用に絡めた記事を書いたところ、そこそこのアクセスがありましたので、この問題について真剣に考えておられる方が多いと感じました。 ...
海外コラム

2014年に最も稼いだヘッジファンドマネジャーは誰か?

2014年に最も成功したヘッジファンドマネジャーの報酬は僅か○○ドルだった! アメリカの経済誌のFortune電子版を読んでいたところ、2014年度のヘッジファンドマネジャーの報酬ランキングに目がとまりました。 昨年度、一番...
海外コラム

世界のトップヘッジファンドマネジャーが手にするその驚きの報酬とは?

驚異的な収入を得る世界のトップヘッジファンドマネジャー 今日はちょっと趣を変えてヘッジファンドについて書きたいと思います。 フォーブス誌に、2013年の世界のヘッジファンドマネジャーの収入ランキングが掲載されていましたのでご...
タイトルとURLをコピーしました