天井圏にある日経先物の今後の動きは?週足W天井形成か?

9月19日放送の「相場師朗の株は技術だ!」を視聴した

今回の番組では、多くの時間を割いて日経先物の現在の動きと、今後の予測をしていただきました。

現在、日経先物は天井圏での動きとなっています。

上昇相場や下落相場と違って、天井圏では値動きが荒くなり、数日といった短いスパンで上げ下げを繰り返しますので、玉の長持ちは禁物です。

天井圏では天井圏での戦い方があり、通常の相場流のやり方である、下半身で買って、本数(9本が基本)や逆下半身出現等の理由で手仕舞いすると、上手く行きません。

例えば、9月11日から5日間上げて、過去の高値に到達して、下げています。

この間、下半身で買って逆下半身出現で手仕舞うと、損失になってしまいます。ですので、ここは前の高値に達して時点で手仕舞う必要が出てきます。


TradingViewで日経先物の最新チャートを確認する

日経先物の今後の動きは?

相場先生は、「今後の動きは上げ下げどちらもありうる」と話していました(9月19日の放送日時点での予測です)。

まずは上に抜ける可能性です。

その理由として、赤の5日線が紫を割らずに上昇し、そして、青の30日線が上を向き始めてきているからです。

そして、この後に陽線が出れば、上に抜けてくるということでした。

次は、翌日陰線が出て下げるという可能性です。

陰線が出ると赤だけではなく緑の10日線も割ってくることになりますので、売りを入れた場合は2~3日で手仕舞った方が良いとのことでした。

実際は陰線が出現して、下がってきました。

番組終了後のYouTubeライブでも、上げ下げ両方の予測をされましたが、実際は下げてきましたので、ここでは下げの予測のことを書きます。

相場先生は、陰線で下げた場合はロウソク足1~2本はとれるだろうとのことでした。

問題はそのあとです。

もしその後も下げてくると、オレンジの100日線まで下げることになります(実際に、下ヒゲでオレンジまで下げてきました)。

さらに下げてオレンジを割ってくると、(日経先物が)弱ってきている証拠とみることができます。

現時点ではオレンジの線は、まだ上を向いていますので、価格がオレンジを割ったとしても、軽く下げただけで戻るだろうということが予測できます。

その後、少し上げただけでオレンジを超えずに逆下半身が出ると、かなり下げるのではないか、と相場先生は話していました。

週足ではW天井形成の可能性も?

最後に日経先物の週足を見てみます。

陰線コマで緑の10週線を割っていますが、依然として赤は緑の上にあり、赤の5週線は上を向いたままです。

しかしながら、もし来週以降(9月25日以降)、このまま下げてくると、週足ではW天井を形成することになります。

日本株の動きに影響与えるダウ平均とS&P500指数の週足は、すでにW天井を形成しているように見えます。

来週以降の日経先物の動きに注目です。


TradingViewでダウ平均株価の最新チャートを確認する

株塾で一生使えるトレード技術を学ぶ

相場流トレード法では、経済指標や会社の業績は一切考慮しません。

相場流では、株価チャートからの情報を基にトレード判断を下します。

株塾に入会して、あなたも一生モノのトレード技術を身につけてください!

TradingViewのご案内
世界中の市場をカバーする高機能チャート!

・100以上の人気の高いインジケーター
・10万以上のコミュニティ作成のインジケーター
・50種類以上のスマート描画ツール
・出来高プロファイルインジケーター
・ローソク足パターンの識別
・マルチタイムフレーム分析
・チャンスを逃さないアラート機能

株は技術だ!
一生使える株式投資術の実践的考察
タイトルとURLをコピーしました