【新ウォール街占拠】ゲームストップ株で個人投資家集団がヘッジファンドを叩きのめした!

SNS

オンライン掲示板を使った仕手戦

ここ数日、個人投資家集団が米ゲーム販売会社GameStop社の株価を吊り上げて、ヘッジファンドを打ちのめしたという話題で盛り上がっています。

SNSユーザーの個人投資家集団が、特定銘柄のコールオプションを大量に購入して株価を吊り上げ、その株を空売りしていたヘッジファンドが多額の損失を被った事件が起きました。

舞台となったのは、英語圏でよく使われるSNS「レディット」にある「ウォール・ストリート・ベッツ」というコミュニティ。
(中略)
ここ数週間、コミュニティでは「ゲームストップ」という、かつて流行したビデオゲームの量販店の株を上げる話で盛り上げっていた。

 この株はメルビンキャピタルなどヘッジファンドの空売りターゲットとなっており、会社の業績が悪化して株価が下がれば、ヘッジファンド側は多額の利益を得られるはずだった。

引用元:SNSの逆襲にヘッジファンドが大損「一泡吹かせろ!」が大成功

さらに、レディットを通じて個人投資家らが結託し、ヘッジファンドを攻撃する動きが強まっている。それが、ゲームストップの異常な株価急騰の背景にあるのだ。特定銘柄の空売りを公言するヘッジファンドを攻撃し、彼らに損失を出させるために、個人投資家らがレディットを通じてその銘柄の買い、オプション取引でのコールオプション(買う権利)の買い、を呼びかけるのである。

引用元:ヘッジファンドに敵対し暴走する米個人投資家

以下は1月28日時点のゲームストップ株の日足チャートです。

ゲームストップ株チャート

打ち負かされたヘッジファンド

個人投資家集団による大量買いにより、メルビンキャピタルは他社から約2850億円の支援を受けて、1月27日、空売りポジションをようやく解消できたとのことです。

さらに、ゲームストップ株をカラ売りしていた米メープルレーン・キャピタルも、約33%の損失を出したとのことです。

これは株価操縦に該当するのではないか

ゲームストップ株をめぐる仕手戦は健全な株式取引とは言えず、株価操縦や風説の流布に当たるのではないかという見方もあります。

証券を専門とする弁護士たちは、SECが取引について調査するのではないかと見てます。

まとめ

ここ数日、ゲームストップ株関連のツイートが頻繁に流れてきましたが、これほどの騒動になっていたとは知りませんでした。

少し古い話題になりますが、オバマ政権時代に「ウォール街を占拠せよ(Occupy Wall Street)」デモが起きたことがありました。

これは拡大する格差に抗議する若者たちによる大規模なデモでした。

今回のゲームストップ株をめぐる騒動は、「新ウォール街占拠」と言えるでしょう。

実際、SNSコミュニティ創設者は、以下のようなメッセージを公開しています。

《メルビンキャピタルは情報操作など汚いことをやっておきながら咎められていない。何百万という人間を不幸においやりながらぬくぬくとしている。そんな金持ちの資産を貧乏な人たちに分配できたのは、みんなのおかげだ。愛してる!》 

引用元:SNSの逆襲にヘッジファンドが大損「一泡吹かせろ!」が大成功

海外コラム
↓ 相場師朗先生のトレード技術が学べる『株塾』とは ↓
ストライクゾーンだけを狙う勝率8割の相場流トレード手法!

トレードで失敗する一番の原因は、「選球眼」の悪さです。

ボール球に手を出していては、上手く行くはずがありません。

相場流トレード手法を習得すると、ストライクゾーンに入った銘柄だけを狙えるようになります。

勝率7~8割を誇るやり方ですので、同じ銘柄を観察し続けることで、トータルで利益になります。

株塾に入会して、あなたも一生モノのトレード技術を身につけてください!

一生使える株式投資術の実践的考察
タイトルとURLをコピーしました