⇒ 相場先生主宰の株塾入会はこちらから!

相場師朗先生が発見した「半分の法則」はシンプルで、しかも成功率が高い!

「半分の法則」はかなり精度が高い

12月26日の「相場師朗の株塾」では、熱心なリスナーさんからの質問に、相場先生が答える内容でした。

このリスナーさんと相場先生とのやり取りは以下のような感じです。

リスナーさんの質問
日足の半分の法則については、新刊本(一生モノの株のトリセツ)では、半分シグナルが逆半分シグナルより精度が高く当たりやすいと書かれている。これは週足でも同じことが言えるのか?
相場先生の回答
週足でも同じことが言える。逆半分の場合、一度下がったとしても「まだ上昇する」と思っている人が買いを入れるため、再上昇する場合がある。しかし、半分の法則の場合、相当に売られた後に「半分シグナル」が出現するため、成功しやすい。

最近のリーディング練習では「半分の法則」を意識した

過去2カ月に行ったリーディング練習銘柄を使って「半分の法則」を探してみたところ、結構見つけることができました。

カシオ計算機の「半分の法則」

荏原の「半分の法則」

花王の「半分の法則」

エムスリーの「半分の法則」

丸井グループの「半分の法則」

ナブテスコの「半分の法則」

ニッパツの「半分の法則」

TDKの「半分の法則」

「半分の法則」の考察のまとめ

様々な銘柄で「半分の法則」の考察をしてきましたが、成功率が高い条件は以下だと思います。

  • 60日線と100日線が上を向いている時(出現する場所にもよるが「横ばい」より「上向き」の方が成功しやすい)
  • 60日線または100日線が上を向いている時
  • 節目辺りで発生した時(これはかなり有効!
  • 節目を一旦割った後に再上昇した時
  • 上向きの300日線を一旦割った後に再上昇した時
  • 前の安値まで下げずに5日線を越えた時(安値切り上がりを狙うのは有効!

まだあると思いますが、「半分の法則」はシンプルなルールにもかかわらず、成功率が高いシグナルであることは間違いないですね。

たとえ失敗したとしてもすぐに玉を切ればよいだけですので、「半分の法則」での買いは「得意技」の一つにしておくべきだと思います。

相場師朗先生のトレード技術が学べる『株塾』とは
勝率の高いストライクゾーンだけを狙う相場流トレード手法!

トレードで失敗する一番の原因は、「選球眼」の悪さです。

選球眼が悪いとチャート選びに失敗してしまいます。

相場流トレード手法では、ストライクゾーンに入った銘柄だけを狙ってトレードします。

株塾に入会して、あなたも一生モノのトレード技術を身につけてください!

『スパルタで学ぶ 株トレード10の技』
本気で勝ちたい投資家のための特別プログラム

わずか3ヵ月で相場流・株式トレード術をマスター
値動きの“クセ”をつかみ、勝ち続けられる投資家に!

2022年10月から開講予定の「3ヵ月集中レッスン」では、40年以上におよぶ株式投資の経験を持つ相場師朗氏が、自身も実践する株式投資の“勝ち方”を、3ヵ月の集中講義で伝授します。

ショットガン投資法
一生使える株式投資術の実践的考察
タイトルとURLをコピーしました