大暴落相場における移動平均線の傾きの考察

株価大暴落は何かのイベントをキッカケとして起こる 2007年に表面化したサブプライムローン危機が引き金となって連鎖的に金融危機が起き、そして翌年の2008年9月にリーマン・ブラザースが破綻しました。 ご存知の通り株価の大 […]

「大暴落相場における移動平均線の傾きの考察」の続きを読む

投資家ウォーレン・バフェット氏曰く「S&P500に投資し続けることこそが、リタイア後の資金を確保するための確かな選択だ」

ウォーレン・バフェット氏一押しのS&P 500インデックス NYダウ平均株価は史上最高値を更新し続けていますが、日経平均株価は1989年の史上最高値に迫る勢いは感じさせずに2万円辺りをうろうろしています。 今回 […]

「投資家ウォーレン・バフェット氏曰く「S&P500に投資し続けることこそが、リタイア後の資金を確保するための確かな選択だ」」の続きを読む

なぜ周期的にバブル経済が発生して崩壊するのか?チャイナのミンスキーモーメントの到来はいつか?

世界経済は一定のサイクルを繰り返す巨大なマシーンである 今日の記事ではちょっと趣向を変えて、世界最高峰のヘッジファンドマネジャーの一人であるレイ・ダリオ氏の動画(How The Economic Machine Work […]

「なぜ周期的にバブル経済が発生して崩壊するのか?チャイナのミンスキーモーメントの到来はいつか?」の続きを読む

ウォーレン・バフェット氏がヘッジファンドを痛烈に批判!「彼らは報酬額に値する仕事をしていない」

ウォーレン・バフェット氏のヘッジファンド批判が止まらない かねてよりヘッジファンドに批判的だったウォーレン・バフェット氏ですが、バークシャー・ハサウェイの年次株主総会で、同氏はさらに厳しくヘッジファンドマネジャーを批判し […]

「ウォーレン・バフェット氏がヘッジファンドを痛烈に批判!「彼らは報酬額に値する仕事をしていない」」の続きを読む

2016年度版:アメリカで最もお金持ちトップ100人中19人が金融業界出身者

「フォーブス400」に28人のヘッジファンドマネジャーがランクイン 成績不振により資金流出が止まらないヘッジファンド業界ですが、それでも稼いでいる人は稼いでいるようで、アメリカで最もお金持ち上位400人中28人がヘッジフ […]

「2016年度版:アメリカで最もお金持ちトップ100人中19人が金融業界出身者」の続きを読む

東京株式市場から撤退するヘッジファンド – 日本株で苦戦する欧米のプロ集団

彼らにとって日本株は利益を上げにくいらしい・・・ 7月25日付のブルームバーグ日本版のサイトで興味深い記事を見つけましたので、ご紹介したいと思います。 この記事によりますと、かつて日本株に投資していた米ファンド・オブ・フ […]

「東京株式市場から撤退するヘッジファンド – 日本株で苦戦する欧米のプロ集団」の続きを読む

ヘッジファンドのほとんどは約5年で破綻!その短かすぎる運用期間の本当の原因とは?

トラックレコードが極端に短いヘッジファンド 私が英語を勉強していた時、よく読んでいた雑誌の一つにThe New Yorker(ニューヨーカー)があります。今朝、洗練された文体で知られるこの文芸雑誌のウェブ版で、ヘッジファ […]

「ヘッジファンドのほとんどは約5年で破綻!その短かすぎる運用期間の本当の原因とは?」の続きを読む

2015年 トップ25人のヘッジファンドマネジャーが稼いだ額が凄すぎる!!

成功者はさらに富を増やし続ける 多くの人たちが豊かさを実感できていなといわれる現代社会において、ヘッジファンド業界のスーパースターたちは巨額の報酬を手にし続けています。 私がちょくちょく利用しているアメリカの金融情報サイ […]

「2015年 トップ25人のヘッジファンドマネジャーが稼いだ額が凄すぎる!!」の続きを読む

「20人のスーパーリッチ」に富が集中する超格差社会アメリカ

金持ちはさらに豊かになり、中間所得者はさらに収入減に・・・ 昨夜、ダウ平均が大幅下落するなか、「空売りを持ってて良かった~」と安心していた時、私がよく利用しているMarket Watchというウェブサイトで興味深い記事を […]

「「20人のスーパーリッチ」に富が集中する超格差社会アメリカ」の続きを読む

「60%株 + 40%債券」という伝統的アセットアロケーションはもはや時代遅れなのか?

「60%株 + 40%債券」は米国では一般的なアセットアロケーション アメリカにおいては、一般的なアセットアロケーションは「60%株 + 40%債券」とされてきました。そして、ポートフォリオの見直しの際には「リバランス」 […]

「「60%株 + 40%債券」という伝統的アセットアロケーションはもはや時代遅れなのか?」の続きを読む