相場師朗氏の株式トレードセミナー「相場ゼミ 第3期」開催のお知らせ

スポンサーリンク

相場師朗氏の「うねり取り手法」のセミナーが開催されます

私のブログでは何度もご紹介している相場師朗氏ですが、10月から「相場ゼミ 第3期」が開催されます。

「相場ゼミ 第3期」の開催日程は以下になります。

  • 第1回 10月16日(日)東京
  • 第2回 10月30日(日)東京
  • 第3回 11月13日(日)大阪
  • 第4回 11月23日(水・祝日)東京
  • 第5回 12月4日(日)大阪
  • 第6回 12月18日(日)東京

相場師朗氏は、これまでに数多くのセミナーやラジオNIKKEIの番組を通じて「うねり取り手法」を教えてこれらましたので、ご存知の方も多いと思います。

同氏は大学生の時に手元資金60万円で株のトレードを始めて、日本郵船株を20年間延々とトレードして、この1銘柄のみで20億円に増やしたプロの株式トレーダーです。

「相場ゼミ 第3期」では何が学べるのか?

東京と大阪で行われるこのセミナーでは、今や株式トレード手法の主流となっている「うねり取り」と呼ばれる裁量系のスイングトレード手法が学べます。

さらに「うねり取り手法」を応用した短期売買のトレード手法である、「ショットガン投資法」も学ぶことができます。

「うねり取り手法」は、 古くは江戸時代から代々多くの大相場師達が密かに使ってきた手法です。そして、彼らは「うねり取り手法」を使って莫大な利益を手にしてきました。 有名なところでは、山崎種二氏、立花証券の父といわれた石井久氏、そして住友鉱山株の取引で莫大な利益を得た是川銀蔵氏などがいます。

このように「うねり取り手法」は古くから存在しており、しかも相場師たちによって効果が実証されているトレード手法です。しかし、「習得が非常に困難だった」ゆえに、これまであまり一般的に知られていなかった手法でした。

しかし、相場師朗氏が表舞台に登場して、「うねり取り手法」を現代版にアレンジした方法で教え始めたことで、今や「うねり取り手法」は正しい方法で練習さえすれば誰にでも上達可能なトレード手法となりました。相場師朗氏が教える「うねり取り手法」は、「再現性」と「成功率」の高さにおいて、他の株式投資セミナーで教える手法とは比較になりません。

詳細は無料動画でお確かめ下さい

現在、期間限定で無料動画が配信されていますので、本物の相場師の「技(ワザ)」とはどういうものなのかをお確かめ下さい。

※無料動画は削除されました。

この無料動画では相場師朗氏がご自身のトレードを実演して見せてくれますので、それを見ることでこれまで株式トレードに対して持っていた先入観が簡単に吹き飛んでしまうことでしょう。

相場師朗氏のトレード手法は、「正しい知識」を身に付け、「正しい方法で練習」すれば、誰でも上達します。相場師朗氏の手法を理解すれば、他のセミナーや教材で教えている手法など、陳腐に思えてくるでしょう。

募集は終了しました。

【教材】相場ゼミ
スポンサーリンク
↓ 相場師朗先生のトレード技術が学べる『株塾』とは ↓
ストライクゾーンだけを狙う相場流トレード手法!

トレードで失敗する一番の原因は、「選球眼」の悪さです。

ボール球に手を出していては、上手く行くはずがありません。

相場流トレード手法では、ストライクゾーンに入った銘柄だけを狙ってトレードします。

↓ TradingViewのご案内 ↓
世界中の市場をカバーする高機能チャート!

・100以上の人気の高いインジケーター
・10万以上のコミュニティ作成のインジケーター
・50種類以上のスマート描画ツール
・出来高プロファイルインジケーター
・ローソク足パターンの識別
・マルチタイムフレーム分析
・チャンスを逃さないアラート機能

一生使える株式投資術の実践的考察
タイトルとURLをコピーしました