⇒ 相場先生主宰の株塾入会はこちらから!

相場師朗氏の新セミナー「株トレード道場」とはどういうものなのか? 【検証とレビュー】

「株トレード道場」では何が学べるのか?

相場師朗氏の「株トレード道場」は、計6回のオンライン動画レッスン形式(計30時間)のカリキュラムです。

「株トレード道場」はオンライン動画レッスン形式ではありますが、動画の公開収録があります。参加者は動画収録に立ち会うことができますので、セミナーと同じ感覚で参加できます。

※但し、公開収録の参加には別途3,000円(税別)が掛かります。

「株トレード道場」では、今や株式トレード手法の主流となっている「うねり取り」と呼ばれる裁量系のスイングトレード手法が学べます。

うねり取り手法をまだご存じでない方は、以下のリンク先の記事をご参照ください。

「株トレード道場」の基本コンセプトは、過去に行われた「相場ゼミ」や「富豪ファミリープロジェクト」と同じですが、これまでのセミナーと決定的に違う点を以下に挙げます。

「株トレード道場」では・・・・

  • 2016年度以降のマーケットに照準を絞っている
  • 相場先生の教える技術とトレード手法が進化している
  • うねり取り手法の再現性を高めるための「型」が学べる
  • セミナー後に「お題」が出されて、それを次回セミナーまでに取り組む
  • 「お題」の回答は会員サイトにアップでき、それを相場先生や他の参加者と共有できる

このように、「株トレード道場」では、これまでのセミナーと比べて相場先生との距離がより近くなります。

「株トレード道場」の開催日程は以下になります。

  • 第1回 2月11日(祝)東京
  • 第2回 2月28日(日)東京
  • 第3回 3月13日(日)大阪
  • 第4回 3月27日(日) 東京
  • 第5回 4月10日(日)大阪
  • 第6回 4月24日(日)東京

回を重ねるごとに分かりやすくなってきている

私はこれまでに「富豪ファミリープロジェクト」「9step株式投資プロジェクト」「相場ゼミ」、そして「株塾」に参加してきました。

これまでの相場先生のセミナーを見てきて言えることは「回を重ねるごとに教え方がより詳しくなってきている」ということです。

つまり、多くの方にとってより再現性が高い方法で教えていることになります。

私が一番最初に相場師朗先生から「うねり取り手法」を教わったのは7年くらい前でした。当時、相場先生は少人数を集めたカルチャースクールで教えていたのですが、移動平均線は使っていませんでしたので、今と比べて「分かりやすさ」には相当な違いがありました。

なので、当時の教え方について行けずに脱落していった方が、現在の相場先生の教え方を見たらその分かりやすさに相当驚くのではないかと思います。

また、「富豪ファミリープロジェクト」と前回の「相場ゼミ」と比べても、相場先生の教え方の詳しさには歴然とした違いがあります。

これは相場先生が決して「出し惜しみ」してきたのではなく、「どうやったら自分の思考をもっと分かりやすく伝えることができるのだろうか」と日々考えているため、回を重ねるごとにより具体性が高まってきていると思います。

従って、「株トレード道場」では、「より確度の高いチャートリーディング法」と「建玉操作方法」が学べます。

トレードが上手い人は何か特別なことをしているわけではない

相場先生のトレード手法はYouTubeやラジオNIKKEIで公開されていますので、ご覧になった方は多いと思います。

そして、多くの方が既にお気づきだと思いますが、うねり取り手法は「非常にシンプルな手法である」ということです。

それもそのはず、相場先生がトレード判断を下すのに勘案する材料は「日足」「週足」「月足」「移動平均線」「前の高値・安値」「日柄」「新値の本数」、そして「節目」のみです。プロだからといって、何か特別なことをしているわけではありません。

つまり、適切なタイミングで試し玉を入れて、勝負どころでは大きく玉を張り、そして適切なタイミングでヘッジ(反対玉)を入れて建玉操作を行い、適切なタイミング手仕舞いをして利確するわけです。これらの一連の作業の中で、特別な指標を見たりすることは一切していません。

これが上手くできるようになれば負けなくなります。負けなくなれば、後は練習量を増やして利益を増やす努力をするだけです。

「うねり取り手法」は古くから存在しており、そして、一部の人たちはこの手法で大きな利益を上げてきたにも関わらず、相場先生が表舞台に登場するまで「知る人ぞ知る」存在でした。

その理由は、「体得が非常に困難であった」ということでした。

しかし、相場先生が移動平均線を用いた「独自のチャートリーディング法」と、「建玉操作の方法」を教えるようになってから、今や、「うねり取り手法」は基本の型を身に付け、毎日練習することで誰にでも上達できるトレード手法となりました。

トレードが上手い人は、チャートリーディングの確度が非常に高いです。そして「明確な根拠を持って建玉」をしますので、「一か八かの冒険」はしません。従って、損は小さく抑え、利益は大きく伸ばすことができます。

「株トレード道場」では、うねり取り手法のキモとなる「チャートリーディング」と「建玉操作」を徹底的に教え込まれることになります。

「うねり取り手法」は一生使えるトレード技術です。技術モノである以上、毎日練習すれば確実に上達します。どのレベルまで上達するかは本人の努力次第ですが、正しい方法で毎日練習すれば今よりは間違いなくトレードが上手になります。

募集は終了しました。

タイトルとURLをコピーしました